目次

【要注意】株マイスターを装った悪徳業者がいる!

株マイスターを装った悪徳業者がいる

悪徳業者に注意!その手口とは

ドアスコープを見ている様子

投資顧問会社を名乗っている業者のなかには悪質な違法業者も見られます。たとえば、株マイスターのような有名で実績のある投資顧問会社と紛らわしい名前を使って、メールや電話で勧誘するような業者があります。「株マイスターなら信頼できるだろう」と思い込ませて、投資情報を購入する契約を結ばせるのです。よく知られた投資家の名前を勝手に使い、まるでその人から助言を得られるように思わせる業者も見受けられます。

投資顧問会社は、過去に自社が出した投資情報や株価予測の正確さを広告に使うのが普通です。良心的な会社は事実をありのままに記し、ウソの内容を宣伝に使用することはありません。しかし、悪徳業者は堂々と過去の投資の成果をでっち上げるのです。投資家が真偽を見分けることは困難ですから、あまりに素晴らし過ぎる成績を提示している業者には疑いの目を向ける必要もあるでしょう。

違法業者かどうか見分けるには?

悪徳業者の名刺

本来、投資顧問会社として活動するには、財務局長から金融商品取引業者の登録を受ける必要があります。つまり、その登録をせずに有料で株式情報を販売している業者は、すべて違法業者ということです。ですから、業者のホームページやメールに財務局長の登録番号を記しているかどうかを確認しましょう。たとえば、「関東財務局長(金商)第〇〇〇〇号」などのような番号が記載されていないときは、違法業者であることが多いのです。もっとも、番号が書いてあっても架空の番号である可能性も否定できませんから油断してはいけません。

業者が記載している番号に電話をかけてみるのもひとつの手です。電話に出ない場合、または、電話に出た人に会社について尋ねてもあいまいな答えしか返ってこない場合は、あまり信用できない業者だといえます。住所もいい加減なことが多いので、ネット地図などを利用してどのような場所か調べてみることも大切です。

ごく基本的なことですが、投資による損失が出る可能性があることを説明せずに「必ず利益が出ます」「もしも損したら損失を補填します」という甘い文句で誘う業者は違法だといえます。なぜなら、法律で利益の約束をすることや損失の補填をすることは禁止されているからです。「もしかしたら違法業者かもしれない」と不安に思ったら、金融庁のホームページで調べてみましょう。金融庁が把握している違法業者が掲載されています。ただし、名前を変更していることがありますので掲載されていない違法業者も多く存在します。

悪徳業者かな?と思ったら

違法業者と思われる業者を発見したときは、金融庁や証券取引等監視委員会に通報できます。悪徳業者の被害を少しでも減らすためにも、積極的に公的な機関に相談しましょう。もしも、株マイスターと紛らわしい名前の業者が接触してきた場合は、株マイスターのサポートデスクに相談すると的確な助言をしてくれます。